HOME > 種類

 Sponsored Link

ジェルネイルキットの種類

ソフトジェルタイプ

他のよびかたでは、ソークオフジェルタイプともいいます。

大きな特徴は、

「ジェルの粘度が比較的低いため、専用液で簡単にオフできる」

「自爪にやさしい」

「高度なスキルを必要としない」

「刺激臭がほとんどしない」

など、メリットが多いところが受け入れられたようです。


このソフトジェルタイプが出てきたことで、

自宅やセルフでジェルネイルが簡単に楽しめるようになりましたね。


それに伴い、価格帯も2万円台から1万円台、

さらには5千円台にまでと下がってきた、

という好循環がうまれています。


ただ、ジェルネイルキットの定番商品というのが、まだ出てきていないため、

キットによってはアイテムを別途購入しないと使えないものや、

UVランプの不良品の多さ、

などが見受けられますね。


ハードジェルタイプ

自爪に塗ったあと、

ソフトジェルよりも強く固まるので、

短い自爪のエクステ用やグリッター代わりに使う。

ハードジェルタイプのほうが先にあったのだが、

「ジェルをオフするときに自爪を傷つける」

「刺激臭が強い」

「ジェルを塗る(形成)するときに高度な技術が必要」

などの理由により、

ソフトジェルのような手軽さはなかったため、

自宅やセルフでやるには難しかった。


このタイプのジェルネイルキットの価格というと、

高価なもので8万円以上、

安くても3万円前後であるため、

価格的にも敷居が高いジェルナイルキットである。